家族の睡眠時間

よくありがちなのが、休みの日に、子どもは親より早く起きて、もっと寝ていたい親を起こすシチュエーション。

 

子どもは、休みの日は、朝から元気いっぱい。

 

しかし毎日働いている親は、休みの日くらい、いつもよりゆっくり寝て、睡眠を蓄積?したいものである。

 

そもそも子どもは就寝時間も早いから、早く目覚めるのも無理はない。

 

ともなると、休前日は、大人もなるべく早く寝て、しっかりと睡眠を取ることが、休日をより充実させることにつながるのだろうと思う。

 

睡眠と騒音

 

子どもの頃や、若い頃は、一度眠りにつけば、朝までぐっすり寝ていたものだが、年をとるにつれて、小さな騒音、雨音などでも、目覚めてしまい、そうするとなかなか再び寝ることができない。

 

新聞配達の音で目覚めることも。

 

以前では全く気にならなかった音が、今や騒音となって、睡眠を阻害しているのだ。

 

ということは、そもそも浅い睡眠になってしまっているのではないか。

 

昔のような、深い睡眠を可能にする方法はないものだろうか。