ベルタ葉酸と排卵後のおりもの

排卵後のおりものの特徴はどのようなものがあるのでしょうか。
まずおりものの量についてです。

 

おりものの量ですが、おりものというのは受精をサポートするという働きがありますので、
その分泌量は排卵期において最も多くなるようになっています。
量の多い時には生理の経血と同じように粘着性のある状態になります。

 

排卵が終わって卵胞ホルモンに変わって黄体ホルモンが優位の状態になると、おりものは少しずつ減少していきます。
そうすれば下着が汚れることはありません。

 

また、色にも特徴があります。
排卵期のおりものというのは透明か、少し濁っている程度で基本的には透き通っています。
しかし、排卵後になると白く濁って、下着に付着すると黄色くなることもあります。

 

ただ、黄緑色をしていたり、明らかに粘着度の高いような場合には雑菌が増殖していたり、
何かしらの病気を発症している可能性がありますので病院で検査を受けてみてください。

 

また、排卵前のおりものは卵白のようにとても伸びがよく、長い時には10センチ以上も伸びることがあります。
排卵が終了するとおりものも伸びなくなり、粘着質なものに変化します。

 

この時期にはベルタ葉酸などを摂取するようにして、少しでも妊娠しやすい状態にできるようにしてみてください。