ララリパブリックと妊娠初期

ララリパブリックの葉酸は妊娠初期に服用するのが理想的です。
この妊娠初期には強烈な眠気に襲われることがあります。

 

いくつかある妊娠超初期症状の中でも特に多くの人が経験している非常に代表的な症状が眠気になります。
しっかりと基礎体温をつけている方なのであれば分かると思いますが、通常は排卵の後に高温期になります。

 

ですが妊娠している場合には高温期が予定日を過ぎても続きます。
高温期が長く続くと、色々な兆候が見られるようになるのです。

 

微熱が続く、倦怠感を感じるなど様々な症状が出るでしょう。
さらに妊娠超初期には眠気や倦怠感を強く感じるようになります。

 

では、具体的にはいつからこういった症状が出るのでしょうか。
基本的には大半の女性は生理予定日1週間前くらいから酷い眠気に悩まされているといわれています。

 

妊娠超初期の眠気というのは、16週目には治まるといわれているのですが、長期間症状が続くこともあります。

 

妊娠初期から中期になると次第に落ち着いてきますので、この時には体が整ってホルモンバランスも安定してくるようになります。
眠気というのは非常に強いものですので、無理をせずにしっかりと睡眠をとるようにしてみてください。
無理をして車の運転等を行わないようにしてください。