妊娠の希望とはぐくみ葉酸

妊娠を希望するのであれば、はぐくみ葉酸を摂取するだけではなく、予防接種も受けるようにしなければなりません。
もし子供の頃におたふく風邪を経験していないのであれば、おたふく風邪についてもしっかりと予防接種を受けておくようにしましょう。

 

もしも妊娠中にそのような病気にかかってしまうとお腹の赤ちゃんに影響が出てしまいます。
例えば妊娠20週までの頃に感染をした場合には母体から胎盤を通して赤ちゃんの目や耳などに障害が出てしまうことがあります。

 

また、妊娠中は免疫力が低下していて、妊娠前よりも病気が治りにくくなり、症状も重篤化しやすくなります。
そのため、やはり防げるものはしっかりと事前に防いでおくようにしましょう。

 

また、歯医者の受診も忘れないでください。
妊娠してプロゲステロンやエストロゲンといったホルモンが増えるので、歯周病の原因菌などの繁殖を促進させると言われているんですよ。

 

更にホルモンバランスが変化することで口腔内が酸性になって、そこから菌が弱くなって虫歯になってしまうのです。

 

必要な栄養分を摂取すると同時に、しっかりと予防できる病気は予防接種で予防するようにしてみてください。
そうすればより元気いっぱいな赤ちゃんを産むことができるのではないでしょうか。